ホーム進行中物件 > 住宅 > 境港市 M様邸新築工事

境港市 M様邸新築工事

 足場も外れ外観が分かるようになってきました。
真白の外壁にサッシの外枠をブラウン色にされ、かわいい外観に仕上がりました。
外壁は〔セラミックシリコン〕で塗装し、仕上げますのでサイディングとは仕上がりの雰囲気も変わります。
セラミックシリコンは、汚れにくく真白の美しい外観が長く続きますので、メンテンテナンスの回数も費用も抑える事の出来る優秀な外壁材です。
現在は内装もほぼ仕上がり、外構工事に取り掛かっております。
・更新4/1




クリックで拡大画像がご覧になれます。  まだまだ寒い日も続きますが、現場作業も順調に進んでおり、先週は断熱材の吹付作業が終了してます。  またワンプライスの価格ではありますが、お客様のこだわりを詰め込んだ注文住宅です。 間取だけではなく、設備関係など仕様にもこだわっており、断熱材は、次世代省エネ基準を十分にクリアする〔発砲ウレタン〕を隙間なく壁、天井に吹付してます。 夏は涼しく、冬は熱を逃がさず、寒暖差の激しい鳥取の気候に適応した断熱材を、LIVBOXでは標準採用しております。 ・更新2/1  天気の良くない日も多く、担当現場監督が雨男でしたが(笑) この日は天気にも恵まれ、雨も降ることなく無事上棟作業も一日で完了することが出来ました。 さらに最近ではされる方も少なくなりましたが、めでたい上棟の日に餅まきをしました。 近所の方にも沢山集まっていただき、皆さんでお祝いして頂きました。  LIVBOXでは、一棟一棟の構造計算を実施し、耐力壁の位置、枚数、筋交いの方向まで細かく計算し、地震に強い家を作り上げていきます。引き続き、現場の安全第一で工事を進めていきます。 ・更新12/28 寒空の下、工事がスタートしました。 これから冬もいよいよ本格的になっていきますが、春頃の完成を目指し現場を進めていきます。 現在 基礎工事中ですが、LIVBOXでは地震に強い家づくりをモットーに基礎部分からこだわっており、 通常配筋の間隔の金融公庫基準を上回る15センチ間隔の細かな間隔で、配筋がはいっております。 当社現場監督が、国のチェックである〔配筋検査〕前には、 基礎配筋は基礎の骨組みとなる重要な部分ですので厳しくチェックしております。 ・更新11/29

▲ このページの上へ
  • テクノストラクチャー
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • 建築実例
  • 進行中物件
  • LIVTOWN
  • 就職向け企業PR動画
  • お取引業者様 専用ページ
  • JKV(株式会社ジューケンのバレーボールチーム)