lifeBOXがどうして1,550万円(税込)で建てれるのか?

展示会やモデルハウスに来られるお客様に、「どうしてlifeBOXは1,550万円でたてれるの?」
というご質問をよく受けます。

仕入れ等のルートを考えてコストダウンをしている事は当然ですが、
もうひとつ、品質を落とさず価格を抑える秘密は「小さな家」としている事です。

lifeBOXの大きなコンセプトでもある「小さな家」という概念は、決して狭い家を
建てるという事ではありません。

間取りの作り方をひとつひとつ見直し、新しい考え方の設計手法を取り入れた
無駄を省いた設計を行うことによって、坪数を抑えながらも、快適な住空間を
確保しています。

下の図を御覧ください。
無題.jpg

左がlifeBOXで採用される尺モジュールでの間取り、そして右が多くのハウスメーカー
で採用されているメーターモジュールで作られた同じ間取りです。

ご覧頂いて分かるように、大きさが全く違いますよね。

でも、この二つの間取り、実は部屋の構成はまったく同じなんです。
でも、どうしてこれだけ面積が違って来るのでしょう?
それは住宅のプランを構成する「モジュール」と言われる単位の大きさの
違うからなのです。

上の図の黄色部分で表されている、一つのマス目が住宅のプランを構成する
一単位の「モジュール」を表したものです。

lifeBOXの場合は0.91m角のマス目。メーターモジュールの場合は1m角の
マス目となっています。

このマス目(モジュール)の大きさの違いが、同じ間取りでありながら面積が大きく
変わって来る要因となります。

上の二つの間取りを面積で比べて見るとlifeBOXの間取りは26.5平米で8坪、
メーターモジュールでは32平米の9.7坪と、同じ間取りでもモジュールの違い
により2割弱も面積が変わります。

これが坪単価で住宅価格を計算するメーカーだった場合、
坪38万円と仮定して計算してみると、lifeBOXの間取りでは8坪×38万円で
304万円で済みますが、メーターモジュールの場合では9.7坪×38万円で368.6万円
とその差はこの部分だけでも64.6万円にもなります。
結果、住宅全ての面積で計算すれば何百万円の違いにもなってきます。

この様に、設計の基本単位のモジュールを見直す事によって、必要な部屋数を確保
しながらも無駄な面積を抑えて「小さな家」とすることによって、品質を落とすことなく
こだわり満載の自由設計の家としながらも1,550万円と言う価格を実現しています。

またこの「小さな家」とする事で、建築費用は当然の事ながら、住宅建築後に
かかってくる、固定資産税、将来のメンテナンスコスト、日々の光熱費など
住む事に対するランニングコストを抑える事にも繋がっています。

この「小さな家」が狭くて不便な家では無いことを是非、湖山西モデルハウスにて
ご体感下さい。

きっと住むことの快適さは数字だけでは図ることが出来ないという
lifeBOXの考える「小さな家」というコンセプトを分かって頂ける事だと思います^^


島田



コメントする


月別 アーカイブ

最近のブログ記事


閉じる