2012年1月アーカイブ

ハイスピード工法の利点は以下の内容が主なものとして

上げられます。

 

「液状化現象に対しての抑止力がある」

昨年の東日本大震災にて、千葉県浦安で起こった液状化現象では地震の揺れにより

地盤を構成する砂質土と地下水とのバランスが崩れ、地下水は噴出し地盤面は下がる

ことにより、道路の陥没や水道管の断裂、そして住宅では地盤面の変化による

不同沈下による被害が起こしました。

ハイスピード工法は住宅を支える砕石の杭が、地震の際に地下水の逃げ道となり

地下水と砂質土のバランスを保つ為、液状化現象に対して非常に効果を発揮します。

 

「土地の評価を下げない」

セメント硬化剤を使用した柱状改良工事では、セメントにより作られた杭が地中埋積物と

なるため、将来土地を売却する際に土地評価を下げる要因として扱われる可能性が

あります。ハイスピード工法で作られる改良杭の材料は天然石の為、地中埋積物として

扱われ無い為、土地の評価を下げる事がありません。

また6価クロム等による土壌汚染の心配も無いため、体にも安心の工法です。

 

 

P1030997.JPG

 

島田 

 

 

 

 

 

雪景色

鳥取は週初めから大雪が続いています。

お正月も暖かでしたので、去年とは違うなと油断していましたが

やはり山陰の冬。そんなに甘くはありませんでした。

P1040031.JPG

事務所の裏手に広がる景色もごらんの通り一面の銀世界。

これだけ見ると綺麗ななのですが、やはり雪かき、運転と厄介な事ばかりです。

まだまだこの天候続くようですので、皆様くれぐれも運転にはお気をつけて。

 

島田

 

現在進行中の太陽光の家の住宅の地盤改良工事は

砕石のパイル(杭)を地中に作り住宅を支える、「ハイスピード工法」という工法が

採用されています。

P1030991.JPG

この様に機械の先端についた大きなドリルで砕石の杭を作るための穴を

地盤調査データから算出された深さまで掘って行きます。

P1030984.JPG

P1030994.JPG

そして、その掘られた穴に砕石を入れ、同時に先ほどのドリルで締固めて行くことで

住宅を支えるしっかりとした杭が出来て行きます。

P1030986.JPG

地盤の強さや、住宅の大きさ、形で計算された間隔でこの様に

杭が作られて行きます。

 

島田

今日は副社長の60回目の誕生日ということで、

スタッフ皆で還暦のお祝いをいたしました^^

P1040011.JPG

プレゼント購入係の門脇さんからチョイスした還暦のお祝いは・・・・

P1040015.JPG

なんと真っ赤なパンツと靴下のセット!

副社長、この真っ赤な【勝負パンツ】のお祝い喜んで頂けましたでしょうか?

いつまでも若々しく、元気でいて下さい^^

還暦おめでとうございます!

 

島田

 

 

皆様明けましておめでとうございます。

 

さて本日5日、ジューケンも仕事始め。

ということでスタッフ皆で泣き相撲で有名な賀露神社へ

お参りにいってまいりました。

2012-01-05 08.02.42 (1).jpg

今年一年も事故なく、お客様に喜んで頂ける良い工事を

行える様、祈願いたしました。

ジューケンは本年もスタッフ一同、皆様に喜んで頂ける様

頑張って行きます!

本年も宜しくお願いいたします^^

 

島田

 

月別 アーカイブ

最近のブログ記事

最近のコメント

  • 復活をおめでとー。また遊びに行きますので。...

  • 連日、多数のご来場でよかったですね。 2日目以降、悪天候の中で大変でしたが、スタッフの皆さんの団結力の強さ、見事でした。 最終日も「寒い一日」となりそうですが、頑張ってください。 ※「平尾さん」風邪ひ...

  • めっちゃ来てますやん!(ノ゜?゜)ノ 明日行こうかと思ってるんですが。。。 お邪魔にならなければいいですが(^^;)...

  •  見学者が多くてびっくり。「鳥取にこんなに人がいたのか(笑)」と思った。あいにくの天気だし、のんびり拝見するつもりだったのに。こんな住宅はこれまで鳥取に無かった。だから関心も高いのだろうなぁ。...

  • なぜ 門脇さんの写真は小さいのですか?? それだけが残念な感じです(T_T)...


閉じる